大人に有利な処方箋とは

子供に出された薬の処方箋が間違っていました。それに気付くためには日頃から体に入るものには、しっかり確認を。

処方箋はしっかり確認しましょう。

大人に有利な処方箋とは

5歳の息子はよく体調を崩します。男の子は体が弱いなんていうのは、本当にあるんだなと思うぐらいの頻度で風邪をもらってきます。その都度病院に行き、酷い時には1週間に2回も通うこともありました。毎回薬をいただき、飲ませて回復を待ちます。

ある日、頂いた処方箋と薬の種類が違い、飲ませて大丈夫なのか心配になり、薬局に連絡をしましたら、なんと間違いであることがわかりました。息子の薬は他の方への薬で間違えてしまったようでした。処方箋を見て確認しなかったら、何も思わずに飲ませてしまっていたかもしれません。私達患者は、医学には詳しくはないですし、どの薬剤を処方されているかもわかりません。しかし、わからないからこそ、自己防衛が必要なんですね。

特に子供に出された処方箋はしっかり目を通しましょう。我が家のように間違いがあっては困りますよ。副作用もしっかり記載されていますから、飲ませた後に異常に気付きやすいものです。人に頼らず、体に入れるものはしっかり確認する癖を身につけたいものですね。